名前を入れます

Polocy安城を元気にする「みらい投資計画」


※「みらい投資計画」は、安城のみらいを元気にするため任期内の実現を目指しチャレンジしていく計画です。

みらい投資計画(1)
待機児童ゼロ対策プロジェクト

ねらい:女性活躍の場や領域が拡がり、暮らしや働き方が多様化している状況を踏まえ、保育園や児童クラブの受入れ体制を充実させ待機児童ゼロを維持する。

幼保連携型認定こども園の設置、待機児童ゼロの保育環境の整備として、民間保育園の新設促進、低年齢児の受入れ拡大を検討する。児童クラブの小学校6年生までの完全実施を検討する。

みらい投資計画(2)
三河安城・新安城パワーアップ再生プロジェクト

ねらい:三河安城駅及び新安城駅周辺を賑わいや活力にあふれた拠点として再生する。

三河安城駅南地区の市街化区域編入について、民間からの提案をいかした質の高い開発計画、一体的なまちづくりを検討。三河安城駅周辺で、優良な民間プロジェクトを誘導し、公民連携によるヒト、モノ、情報が集まり、行き交う拠点整備について研究する。名鉄新安城駅周辺で、駅橋上化と併せて北口周辺での新たなまちづくりを模索する。

みらい投資計画(3)
安城まちなか賑わい創出プロジェクト

ねらい:JR安城駅周辺において中心市街地にふさわしい賑わいを創出。

住居・オフィス・ホテル・商業施設など民間活力を活かした複合的な拠点整備を検討する。駅近接区域において南明治第三地区土地区画整理事業の立ち上げを検討する。

みらい投資計画(4)
地球温暖化対策プロジェクト

ねらい:省エネの推進、再生可能エネルギーの普及拡大による地球温暖化対策の推進。

全国的に廃棄物エネルギーの地域での利活用研究が進んでいることから、環境クリーンセンターの将来の建替えを見据え、廃棄物エネルギーの効果的活用方法を研究する。

みらい投資計画(5)
矢作川水害対策プロジェクト

ねらい:近年、各地で台風や局所的豪雨により、市民生活や生命が脅かされる水害が多発していることから、万が一矢作川が氾濫した場合に備え対策の充実を図る。

洪水等による大規模災害が想定される地域への確実な情報伝達手段を検討する。

みらい投資計画(6)
新産業、起業・創業プロジェクト

ねらい:基幹産業である自動車関連産業が大きな転換期を迎えている中、新たな時代を牽引する人材、産業を創出する。

新たな工業系用地を検討する(今後開通が予定されている名古屋岡崎線や豊田安城線隣接地など地の利をいかした工業系用地の検討)。新しい産業集積の形成に向け、起業、新技術開発への効果的な支援体制の構築を研究する。安城ビジネスコンシェルジュ(ABC)の企業マッチングによる市場ニーズへの対応と、新商品の開発支援を検討する。ICTを活用したスマート農業の研究を行う。

みらい投資計画(7)
若者活躍応援プロジェクト

ねらい:大学のない本市において若者たちが集い、まちづくりに関わるきかっけをつくり、まちの活性化を図る。

若者が自由に集い活動する居場所づくりなど、行きたくなるまちへ魅力向上を目指し、若者が活躍できる環境整備を行う。